2021-04-27

秋田 菓子舗榮太楼さん | 桜咲くさくらゼリー

毎日が和菓子日和 | 秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー
毎日秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー

『手のひらに、桜の花を』

こんにちは。「毎日が和菓子日和」和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

2021年の桜は駆け足でしたね。北海道(札幌)では、平年ゴールデンウィークに桜が開花するそうですが、今年は、今日(4月27日)満開を迎えたそうです。

今年、ゆっくりと、一緒に桜を眺めることができなかった大切な人(例えば、ご高齢のご家族や、新型コロナ対策に追われるご友人など)や母の日の贈り物に、おすすめの御菓子をご紹介します。

今日は、秋田県の「菓子舗榮太楼」さんの「桜咲くさくらゼリー」です。

菓子舗榮太楼さん の「桜咲くさくらゼリー」

毎日が和菓子日和 | 秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー
秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー

「桜咲くさくらゼリー」について

薄いピンク色のゼリーの中で、美しい桜の花が咲く御菓子です。

和菓子によく使われる、塩漬けした桜の花ですが、この御菓子の場合、桜の花が、ゼリーの中でふんわりと、美しく咲いているのです!

その秘密は、「御菓子をつくる工程で、計4回の選別をし、大きくて美しい桜だけを商品にしていること」と、「塩漬けの桜を、ゼリーの中できれいに桜を咲かせる独自の技」です。

ひとつ、ひとつ、丁寧に、丁寧につくられた御菓子です。

味わいひとことメモ

  • ほんのり、甘く、桜の香り
  • ぷるぷるした食感
  • 老若男女で愉しめる(桜リキュールが入っています。アルコールは飛ばしてあると思いますが、心配な場合はお店にご確認ください)
  • 透明なドーム型のパッケージにはいっているので、美しい桜の花を、手のひらの中で、ゆっくりと眺めることができる、魅力的な御菓子です
  • 満開、七分、五分、三分、つぼみ・・・色々な時期の桜があります
毎日が和菓子日和 | 秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー
秋田・菓子舗 榮太樓 | さくらゼリー

季節は?

  • 12月~6月頃(販売期間や販売状況は、年により異なる場合があります)
  • 実に購入した時期:2020年春

とても美味しくいただきました。

秋田の榮太楼さんの和菓子を五感で味わってみませんか

菓子舗 榮太楼さんのこと

  • 創業:明治16年(1883年)
  • 梅の実のひとこと紹介:秋田市内に数店を構えている、秋田の老舗和菓子店です。秋田の伝統菓子から、新しい御菓子まで、秋田県ならではの御菓子を取りそろえています。
  • おすすめ銘菓:「さなづら」(「さなづら」とは山ぶどうの一種を指す方言で、山ぶどうの果汁を濃縮して寒天で固めた、伝統的なお菓子です)
  • 菓子舗榮太樓さんの御菓子買える場所:原則として「菓子舗榮太樓」さんの各店頭、およびオンラインショップ
  • お店の場所(幸町店): 秋田県秋田市高陽幸町9-11(最寄駅 秋田駅)

毎日が和菓子日和!

関連記事

    関連記事はありません

毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム