2019-05-01

「毎日が和菓子日和」の活動

毎日が和菓子日和 | ロゴ
毎日が和菓子日和の活動内容

和菓子の魅力を伝える」活動をおこない、和菓子屋さんを訪ね、和菓子屋さんのご主人や女将さん、和菓子に係る人々のお話をお聞きしていくうちに「和菓子の魅力を伝える」とともに「やっていかなければならないこと」そして、「毎日が和菓子日和が力になれること」があると、気づきました。

和菓子の魅力を「つなぐ」こと。新たな価値を「つくる」こと。

デザイン思考和菓子の魅力を 「伝える」、「つなぐ」、価値を「つくる

毎日が和菓子日和」の主宰者 は、大学時代に「コミュニケーションデザイン」や「ビジュアルデザイン」などを学び、このノウハウを使った仕事や活動をおこなってきました。なかでもモノ・コト・ヒトの「魅力を引き出し、「想い」を形にするデザイン」、「魅力をつなぎ、さらなる魅力や価値を生むデザイン」を得意としています。小さなことからでもやってみる、変えてみることが新たな価値を生み出すには大切だと考えています。

毎日が和菓子日和」では「デザイン思考」で 和菓子の魅力をより引き出し、「伝える」「つなぐ」そして価値を「つくる」活動をしていきます。


毎日が和菓子日和の活動概要

「毎日が和菓子日和」の活動の概要は以下の通りです。

  • 和菓子を応援するサイト「毎日が和菓子日和」運営
    1. 和菓子の魅力にまつわるヒト、コト、モノを、自らの目線で発信
    2. 全国各地の和菓子店、甘味処、和菓子売り場や和菓子にまつわるイベントを訪れ魅力的な和菓子を発見する(毎年100店以上の和菓子店を訪問し、新たに数百の和菓子に出会っています)
    3. 1つ1つの和菓子を五感で味わい、じっくりと向き合うために、あえて手書きで和菓子の絵(イラスト)を描く
毎日が和菓子日和 | 東京・自由が丘 大文字 | あんだんご・草だんご
  • 和菓子記事(コラム)、イラストの受注
    1. 和菓子、和菓子店の魅力紹介など
    2. イラストの受注(グッズへの展開も応相談)
  • ワークショップ、イベントの企画、開催
  • 和菓子に関するグッズの企画、開発、制作
    • 和菓子を身近に感じるためのグッズなど
  • 和菓子の新たな魅力をつくり、価値を向上させる業務
    1. 和菓子や和菓子屋さんに関するデザイン
      • ロゴ作成
      • ショップカード、ラベル、包装紙などのツール
      • オリジナルグッズ
    2. イベント、ワークショップ企画、提案
    3. イラストの受注(グッズへの展開も応相談)
    4. ブランディング、リ・ブランディング 、リ・デザイン
      • 対象の和菓子やブランドを客観的に拝見したうえで、魅力や価値を引き出すための手段を検討し、ご提案いたします
        商品(グッズ)企画・提案
    5. 情報発信サポート(ホームページ、SNS)
    6. セミナー、相談会

美しく美味しい和菓子を、お店の個性を出し、魅力あるものとして広く伝えるには、デザインの力も必要です。

社内デザイナーを抱えていたり、外部の会社にデザインを依頼している和菓子屋さん、和菓子屋さんのご主人や女将さん、ご家族でデザイン業務をおこなっている和菓子屋さんもいらっしゃいますが、多くの和菓子屋さんでは”やりたくても、できない” とおっしゃっています。朝から晩までの和菓子の仕込みや和菓子づくりなど、そのような時間を取れないことも理解できます。

外部に依頼するにしても「デザイン」には巨額のお金がかかる…ということも現実です。しかし、デザインの手段は、小さなものから大がかりなものまで無数にあります。

例えば、商品やお店のロゴ、ショップカードなどお客様の目にとまりやすく、やりやすいところから「変えていくこと」こともできます。

ぜひ「毎日が和菓子日和」にご相談ください。各和菓子屋さんや和菓子に合った方法を見つけ、ご提案することも可能です。


わたしは和菓子、そして和菓子屋さんが大好きです。

この活動を通し、和菓子の魅力を知る人の輪を、少しずつでも広めていくことができ、和菓子の魅力や価値を向上することができたら、とてもしあわせです。

毎日が和菓子日和 | 東京・自由が丘 大文字 | あんだんご・草だんご
毎日が和菓子日和

関連記事