2019-08-09

東京・矢野口 いな暮らしさん | あんこきなこ(かき氷)

毎日が和菓子日和 | いな暮らし |
いな暮らし | あんこきなこ(かき氷)

こんにちは。 和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

「毎日が和菓子日和」の甘味紹介。第4回目は、東京・稲城市にある「いな暮らし」さんの「あんこきなこ(かき氷)」です。

全国各地の和菓子屋さん巡りをするときに、あんこ好きとしては、甘味屋さんにも足を運んでいます。和菓子屋さん巡りをするときと同じような自由な気持ちで、時々、甘味屋さんや和菓子屋さんの甘味も紹介させていただこうと思います(毎日が和菓子日和)

自分の家のように感じるやさしい場所

いな暮らし」さんは、古民家を利用し「たべよう はなそう つくろう」をテーマにした人々が集う場所。

玄米や雑穀、ひしおや甘酒などの発酵食品、地元の無農薬野菜やフルーツなどを使った”ごはん”や”おやつ”をいただくことができます。そのほかに、雑貨や絵本などの販売や、イベントやワークショップなどもおこなわれています。

体にやさしい素材を使ってつくられた ”ごはん”や”おやつ”は、丁寧に調理をされ、心にもとても美味しい。

はじめて「いな暮らし」さんを知った時、それまで知らなかったことを”もったいない!”と思い、知ることができて”しあわせ”だと思えました。

自分の家に帰ったようにくつろげる場所。それが「いな暮らし」さんです。

いな暮らしさんの「あんこきなこ(かき氷)」

かき氷の具材、シロップ

  • 大粒の小豆
  • きなこ

味わいひとことメモ

  • 注文して待っている間、手動のかき氷機をまわす音が聞こえる。涼し気で静かな時間を刻む感じ。とても心地よい
  • ほっくりした小豆、香ばしいきなこ、そしてシロップがほどよい甘さ
  • ほっとする味とほっとする空間
  • かき氷は普通サイズと小サイズがあるのがうれしい

季節は?

  • 実際に味わった時期:2019年6月上旬

  *その時々の販売有無は、お店にてご確認ください

とても美味しくいただきました。

いな暮らしさんの甘味(おやつ)を五感で味わってみませんか?

いな暮らしさん

母娘で「たべよう はなそう つくろう」をテーマに運営しているお店。もともとは自宅でお母様が「いな暮らし」の活動をしていたが、2014年に現在の場所(稲城市押立の古民家)にて娘さんとともに再オープン。お店では、地元の無農薬野菜やフルーツなどを使った”ごはん”や”おやつ” を味わえるほか、雑貨などの販売、イベントやワークショップがおこなわれ、人々が集う場になっている
最寄駅:矢野口
お店のホームページhttps://inagurashi.com/

毎日が和菓子日和 | いな暮らし
東京・矢野口 いな暮らし

Please look at this page picture of Japanese sweets. This is “ANKO-KINAKO” made by the “INA-GURASHI” in Tokyo Japan.

ANKO-KINAKO” is shaved ice with soy flour, syrup and assorted sweet red beans called AZUKI”.

毎日が和菓子(甘味)日和!

関連記事