2020-06-30

東京・仙川 餡の輪さん | 乙女の舞(季節の和菓子)

東京・仙川 餡の輪 / 乙女の舞

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

今回は、東京・仙川「餡の輪(あんのわ)」さんの「乙女の舞」を紹介します。

梅雨を代表する意匠、紫陽花

6月の和菓子の意匠と言えば、紫陽花(あじさい)。

和菓子屋さんは、さまざまな素材と製法で紫陽花を表現し、菓銘(かめい)をつける。

もちろん、そのまま「紫陽花」と名付ける和菓子屋さんもいるのだけど、ストレートな表現よりは、少しひねった菓銘のほうが情緒があるし、和菓子の奥行きを愉しめると思う。

紫陽花を模した和菓子の代表的な菓銘は、「七変化」「四葩(よひら)」「 手毬花 」など 。「心変わり」という少し意味深な銘にも出会ったことがある。

餡の輪」さんの「乙女の舞」も、紫陽花を模した季節の和菓子。

紫や青を使用して表現されることの多い紫陽花の和菓子ですが、やさしい暖色の色を使い、「乙女の舞」という菓銘のついたこの和菓子を味わうと、子供のころに歩いた散歩道のような、なつかしい記憶の中の情景が頭に浮かびました。


餡の輪んの「乙女の舞 」

外観は?

  • 白餡のまわりに、 さいの目にカットした、薄い橙、ピンク、黄の錦玉羹(寒天)を施している

味わいひとことメモ

  • 要冷蔵。冷やした錦玉羹は、つるっ、つやつやっとした食感
  • オレンジリキュールを含んだ瑞々しいオレンジ餡
  • 爽やかな香りと味わい

季節は?

  • (6月)
  • 実際に購入した時期:2020年6月 店頭にて

とても美味しくいただきました。

餡の輪さんの和菓子を五感で味わってみませんか

餡の輪 さんのこと

  • 創業: 平成30年(2018年)2月オープン
  • 梅の実のひとこと紹介: 京料理のお店にて、和菓子をつくっていらしたご主人がご夫婦で開業したお店。看板商品の黒豆大福をはじめ、餡の輪さんの和菓子からは、上品な京の味わいを感じる。モダンな雰囲気の店内には和菓子の木型がたくさん飾ってある。木型で出来たキャッシュトレーもステキ。
  • おすすめ銘菓黒豆大福、羽二重きなこ など
  • 餡の輪さんの和菓子を買える場所:本店のみ
  • お店の場所(本店):東京都 調布市仙川町1-12-2
  • 最寄駅(本店):京王線仙川駅 徒歩5分
  • ホームページ:なし
  • facebookhttps://www.facebook.com/annowa.wagashi/

毎日が和菓子日和 | 餡の輪
餡の輪

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : OTOME-NO-MAI
  • SHOP : AN-NO-WA, Tokyo japan

毎日が和菓子日和!

関連記事