2020-07-07

東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月さん | 季節の和菓子「あいたくて」

毎日が和菓子日和 | 花鳥風月 | あいたくて
東京・聖蹟桜ケ丘 花鳥風月 / あいたくて

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

今回は、東京都多摩市の「花鳥風月(かちょうふうげつ)」さんの季節の和菓子「あいたくて」を紹介します。

七夕。今年は会えるかな。

花鳥風月」さんの「あいたくて」 は、七夕に向け、織姫と彦星の想いをイメージしてつくられた上生菓子です。

小さな世界に、織姫と彦星、天の川、七夕の物語が表現されています。そして、七夕と言えば、きっと、思い浮かべる人も多いでしょう、某楽曲の歌詞から引用した菓銘をつけています。曲を聴きながら味わうのも愉しいですね。

花鳥風月さんの「あいたくて」

外観は?

  • 練切製
  • 織姫と彦星を表現した、星形の羊羹が乗っている
  • 天の川をイメージした模様
  • 表面に、食用の銀箔、金箔が施してある。さりげなくキラキラしている。

中身は?

  • こしあん

味わいひとことメモ

  • しっとりしていて、すっきりとした甘さのこしあん

季節は?

  • 6月下旬から七夕まで (実際の販売状況は、店頭にてご確認ください)  
  • 実際に購入した時期2020年6月末 花鳥風月さんの店頭にて

とても美味しくいただきました。

花鳥風月さんの和菓子を五感で味わってみませんか

和菓子処 花鳥風月さんのこと

  • 創業:令和元年(2019年)7月
  • 梅の実のひとこと紹介:厳選した材料を使用し、丁寧な和菓子作りをしている。和菓子の種類ごとに仕立てた自家製餡がとても美味しい。ご夫婦ともに和菓子職人。店頭を飾るすてきな手描きのPOPもたのしみのひとつ
  • おすすめ銘菓:「豆大福」、猫型もなかの「もにゃか」、どら焼き、餅菓子各種、上生菓子
  • 花鳥風月さんの和菓子を買える場所:花鳥風月さんの店頭のほか、一部の和菓子は京王永山駅または小田急永山駅そばのグリナ―ド永山内、「PONTE」でも購入可能
  • お店の場所(本店):東京都多摩市東寺方1-8-14
  • 最寄り駅(本店):京王線 聖蹟桜ケ丘駅(徒歩5分)
  • ホームページ(Instagram): wagashidokorokachofugetsu@

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : AITAKUTE
  • SHOP : KACHO-FUGETSU, Tokyo japan

毎日が和菓子日和 | 東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月
東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月

毎日が和菓子日和!

関連記事