2019-11-27

大分 但馬屋老舗さん | 三笠野

毎日が和菓子日和 | 大分・但馬屋老舗 | 三笠野の道明寺
大分・但馬屋老舗 /三笠野

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、大分県竹田市の「但馬屋老舗(たじまやろうほ)」さんの「三笠野(みかさの)」を紹介します。

はちみつの香り広がる

昔、奈良で作られていた「燧焼き(ひうちやき)」というお菓子を、岡藩の八代目中川久貞公が好んでいたため、参勤交代の際に、お土産に献上するのが慣例となり、その後、十代目久貴公が、「燧焼き」を倣ってつくらせた菓子が 「三笠野」で、奈良の三笠山と春日野からもじって名付けられたのだそう。

但馬屋老舗さんの 「三笠野」

外観は?

  • 約10センチ×約3センチ
  • 若鮎」のような三日月型

中身は?

  • 自家製こしあん

味わいひとことメモ

  • 焼き皮はすべすべとしている
  • はちみつの香りがふわっと広がる
  • きめの細かいこしあんがたっぷり!
  • シンプルなパッケージもすてき
毎日が和菓子日和 | 大分・但馬屋老舗 | 三笠野のパッケージ
三笠野のパッケージ

季節は?

  • 定番
  • 実際に購入した時期:2019年11月 新宿高島屋銘菓百選にて

*手作りの和菓子のため、その時々の販売有無は、お店にてご確認ください

とても美味しくいただきました。

但馬屋老舗さんの和菓子を五感で味わってみませんか?

但馬屋老舗さん

文化1年(1804年)創業。大分県内で一番古い和菓子屋さん。初代は現在の兵庫県(但馬)で生まれ、京都で修行した後、江戸時代に岡藩の御用菓子司となり、屋号を「但馬屋」として現在に至る。代表銘菓は「三笠野」や「荒城の月」   
但馬屋老舗さんの和菓子が買える場所:「但馬屋老舗」さんの店頭ほか、一部商品は日本橋高島屋、新宿高島屋、福岡三越、博多阪急、熊本鶴屋等の百貨店や販売店などで定期不定期で購入可能 
最寄駅:豊後竹田 
但馬屋老舗さんのホームページhttps://www.tajimaya-roho.co.jp/


Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.
This “WAGASHI” name is “MIKASANO
. This “WAGASHI” was made by the “WAGASHI” shop “TAJIMAYA-ROHO” in Oita Japan.

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム