2019-05-04

鶴屋吉信さん | 有平糖 (ありへいとう)

毎日が和菓子日和 鶴屋吉信 有平糖
鶴屋吉信 / 有平糖

こんにちは。 和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、鶴屋吉信さんの有平糖を紹介します。

有平糖(ありへいとう)とは

有平糖(ありへいとう)は16世紀中頃(安土桃山時代:織田信長の時代)にポルトガルから伝来した南蛮菓子がルーツの和菓子です。多くの和菓子がそうであるように、江戸時代に美しい色付けや細工などの技法が確立し、現在に至るのだそう。

ポルトガルから伝来した南蛮菓子というと、カステラや金平糖が有名です。しかし、主にお茶席で用いられてきた有平糖は、身近な環境(例えば近所のスーパーマーケットなど)で見かけることは少ない。聞いたこともない。いったいどんなお菓子なの?と思われているかたも多いかもしれません。

有平糖(ありへいとう)の魅力

鶴屋吉信さんのホームページ内の京菓子寸話というコーナーて、 有平糖の魅力が紹介されていました。

美しい光沢と明るい色彩のうえに、本物のようにに細工できるというおもしろさが魅力となって、和菓子の重要な要素となっています。季節のよろこびをいきいきと伝えてくれる有平糖が南蛮菓子400年の伝統を持つというのも、京菓子の底の深さの一端を物語っているようでもあります。

鶴屋吉信:京菓子寸話(有平糖)より

・・・きっと、遠い昔の日本人も、有平糖の美しさに心を惹かれたのでしょうね。

鶴屋吉信さんの有平糖(ありへいとう)の魅力

鶴屋吉信さんの有平糖は、 職人さんが1本1本つくられているそうで、 表面に美しい光沢があり、カラフルな模様がほどこされています。 しかも、1本1本に、京都の名所が表現されているのです!!

和菓子になじみのないかた、外国人のかたへのプレゼントにもおすすめです。日本の伝統や、和菓子の魅力を伝えるアイテムにもなってくれるでしょう。

そして、自分用に買い求めたら、ご自宅で美しい有平糖を眺め、味わい、お気に入りの京都の名所に想いを馳せてみては…。

鶴屋吉信 さんの「有平糖 (ありへいとう) 」を五感で味わってみませんか

京菓匠 鶴屋吉信さん

享和3年(1803年) 京都にて創業 京都上京区に本店、京都駅にIRODORI、京都府亀岡市にFACTORY店、東京の三越前に東京店(TOKYO MISE)、世田谷店のほか、全国各地の百貨店などに販売店を構えている。 代表銘菓は「京観世」「柚餅」「つばらつばら」など 
有平糖 : 2019年5月現在。京都駅のIRODORI、東京店 TOKYO MISE にてお取扱いがあり、パッケージは店舗により異なるようです。ご利用の際はご確認ください 
最寄駅(東京店):三越前駅  
店のホームページはこちらhttps://www.tsuruyayoshinobu.jp/

201905040030_wagashibiyori.jpg です
京菓匠 鶴屋吉信 東京店(TOKYOMISE)

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム