2022-02-28

東京・稲城 高おか | 福梅・うぐいす餅

東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | 福梅 うぐいす餅 | 多摩エリア、多摩地区、たまのわがし、南武線、矢野口、毎日が和菓子日和 | 春の和菓子)
東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | 福梅 うぐいす餅

『春を感じる和菓子の代表選手』

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

多摩の和菓子の魅力を伝える「わがしのわ、たまのわがし」プロジェクト。

今日は、東京都稲城市「高おか」さんの春の和菓子「福梅」と「うぐいす餅」をご紹介します。

菓匠「高おか」さん

高おか」さんは、南武線「矢野口」駅から徒歩5分弱の場所(南武線の高架下そば)にお店を構えています。外からお店の様子がわかるので、カジュアルで入りやすい雰囲気です。

この日は、心に春を感じたくて「福梅」と「うぐいす餅」を購入しました。

すると、お店の方が、御菓子を「おめでとう」と書かれた袋にいれて、手渡してくれました。

「?!?」

そのうち「おめでたい」ことがあるのかも・・・?とあまり期待せずに、そっと待つことにします。

以下はそれぞれの感想です。

菓匠「高おか」さん『福梅』

この10年ほどで、街中で梅の木をみかけることが少なくなったように思います。でも、和菓子屋さんに行くと、梅に出会えますよ。

東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | 福梅 | 多摩エリア、多摩地区、たまのわがし、南武線、矢野口、毎日が和菓子日和 | 春の和菓子)
東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | 福梅

外観は?

  • 4センチほどの丸型
  • 「梅」の焼き印

中身は?

  • 白あん
  • 青梅の甘露煮

味わいひとことメモ

  • ぷるぷるとした食感
  • 白あんの甘さと、甘酸っぱい青梅があいます

季節は?

実際に味わった時期

  • 2022年2月上旬

菓匠「高おか」さん『うぐいす餅』

春を感じる和菓子の代表選手。「うぐいす餅」です。かわいらしいたたずまいが大好きです。

東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | うぐいす餅 | 多摩エリア、多摩地区、たまのわがし、南武線、矢野口、毎日が和菓子日和 | 春の和菓子)
東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | うぐいす餅

外観は?

  • うぐいす型
  • きな粉(うぐいすきな粉)の黄緑色

中身は?

  • こしあん

味わいひとことメモ

  • ぷにぷに、ぷるぷるのお餅
  • きな粉(うぐいすきな粉)の香ばしさと、さっぱりしたあんこ。春が近いことを感じる御菓子ですね

季節は?

  • 春 

実際に味わった時期

  • 2022年2月

とても美味しくいただきました。

菓匠「高おか」さんの和菓子を五感で味わってみませんか

菓匠 高おかさんのこと

  • 創業:ー(未確認)
  • 梅の実のひとこと紹介:地域密着の和菓子屋さん。品ぞろえは、地元素材をつかった御菓子や、定番のおまんじゅう、季節の朝生菓子(春なら、いちご大福、さくら餅など)や、上生菓子までひととおりそろっています
  • おすすめ銘菓:季節の和菓子のほか、稲城の梨を使用した「梨の実」、ぶどう使用した「いなぎぶどうゼリー」、カステラなど
  • 高おかさんの和菓子が買える場所:原則として、矢野口(稲城)の店舗のみ
  • お店の場所:東京都稲城市矢野口437(最寄駅:矢野口)

東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか | | 多摩エリア、多摩地区、たまのわがし、南武線、矢野口、毎日が和菓子日和)
東京都稲城市 | 稲城 菓匠 高おか

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム