2019-12-27

京都・亀屋良長さん | うり坊

毎日が和菓子日和 | 京都・亀屋良長 | うり坊
京都・亀屋良長 | うり坊

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、京都「亀屋良長(かめやよしなが)」さんの「うり坊」を紹介します。

うり坊」は、「亀屋良長」さんの亥年の干支菓でした。

この記事を書いている今、2019年の年末。あと数日で亥年が終わろうとしています。 次の亥年は何をしているのだろう…と想像のできない想像をしつつ、亥年のはじまりに味わった、この和菓子を載せておきたいと思います。

亀屋良長さんの 「うり坊」

外観は?

  • 約9.5センチ×約4.5センチ 半竿サイズ
  • つぶあんの羊羹の上に、亥の好物である、さつまいも、木の実や果実をたっぷりとのせ、金箔をあしらっている

中身は?

  • くるみ、クランベリー、栗、さつまいも、マカダミア、白手亡が一口サイズ(1㎝弱)に刻まれたものがたっぷり

味わいひとことメモ

  • 金箔と木の実の色合いが華やか
  • 木の実のパリパリとした食感が、つぶあんの羊羹に合う
  • 見た目も味わいも楽しい和菓子
毎日が和菓子日和 | 京都・亀屋良長 | うり坊(一人分にカットしたイメージ)
京都・亀屋良長 | うり坊(一人分にカットしたイメージ)

季節は?

  • 冬 2019年の干支(亥)にちなんで発売された和菓子
  • 実際に購入した時期:2018年12月

とても美味しくいただきました。

亀屋良長さんの和菓子を五感で味わってみませんか?

京菓子司 亀屋良長さん

享和3年(1803年)菓子司 亀屋良安から暖簾分けするかたちで創業。初代店主は、良質の水を求めて現在の地を選んだのだそう 
代表銘菓は「鳥羽母(うばだま)」   
亀屋良長さんの和菓子が買える場所:亀屋良長さんの本店ほか、一部の和菓子は、亀屋良長さんのオンラインショップ、京都高島屋、大丸京都、JR京都伊勢丹などでお取り扱いがあります   
最寄駅: 四条堀川  
亀屋良長さんのホームページhttps://kameya-yoshinaga.com/

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.
This “WAGASHI” name is “URIBOU”. This “WAGASHI” was made by the “WAGASHI” shop “KAMEYA-YOSHINAGA” in Kyoto Japan.

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム