2020-06-28

東京 大角玉屋さん | 杏水無月

毎日が和菓子日和 | 大角玉屋 | 杏水無月
東京 大角玉屋 / 杏水無月

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

今回は、東京「大角玉屋(おおすみたまや)」さんの「杏水無月(あんずみなずき)」を紹介します。

毎年待ち遠しくなる美味しさ

近年では、「水無月」が全国に少しずつ広まり、関西地域以外でも販売する和菓子屋さんが増えてきていますね。様々なお店の「水無月」を召し上がるかたも多いと思います。

少し変わったもの(珍しい味)も食べてみたいな、というかたにおすすめなのが「大角玉屋」さんの「杏水無月」です。

梅雨の晴れ間に「大角玉屋」さんに行ってまいりました。

夏越の祓(6月30日)には、年の残り半分の無病息災と厄除けを祈念し、「水無月」を味わいましょう。


大角玉屋んの「杏水無月 」

外観は?

  • クリーム色で透明感のある外郎(ういろう)の上に、大きな杏子(あんず)が載っている
  • 一瞬、洋菓子のようにも見える

味わいひとことメモ

  • 上新粉、蕨粉が入った外郎(ういろう)がぷるぷるとした食感
  • 甘酸っぱくて、リフレッシュできる味わい(暑い日にもおすすめ)
  • 1度食べると毎年待ち遠しくなる美味しさ!

季節は?

  • (6月)
  • 実際に購入した時期:2020年6月 本店にて

とても美味しくいただきました。

大角玉屋さんの和菓子を五感で味わってみませんか

大角玉屋んのこと

  • 創業: 大正元年(1912年) 創業
  • 梅の実のひとこと紹介: いまや和菓子界のスタンダードとなった「いちご大福」を世に出したお店として有名です。丁寧に手作りした餡を使用した、大福やおだんごはもちろん、季節の上生菓子も揃っています
  • おすすめ銘菓:「いちご大福」など
  • 大角玉屋さんの和菓子を買える場所:本店、都内の各支店のほか、一部商品は、都内を中心とした百貨店でも購入可能です。詳細はこちらをご覧ください
  • お店の場所(本店):東京都新宿区住吉町8-25
  • 最寄駅(本店):都営新宿線曙橋駅 徒歩5分
  • ホームページhttp://www.oosumi-tamaya.co.jp/

毎日が和菓子日和 | 大角玉屋
大角玉屋(本店)

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : ANZU-MINAZUKI
  • SHOP : OOSUMI-TAMAYA, Tokyo japan

毎日が和菓子日和!

関連記事