2020-04-14

東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月さん | 「桜花爛漫」

毎日が和菓子日和 | 花鳥風月 | 桜花爛漫
花鳥風月 / 桜花爛漫

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

新型コロナウイルスの影響が広がるなか、様々な考えが巡り、20日ほど更新をお休みしていました。外出や行動が制限されているため、できることが限られますが、今後しばらくは、過去に味わった和菓子や、近所の和菓子屋さんやお取り寄せした和菓子のことを中心に紹介していきたいと思います。

一日も早く事態が収束することを願って…。


今回は、東京都多摩市の「花鳥風月(かちょうふうげつ)」さんの季節の和菓子「桜花爛漫(おうからんまん)」を紹介します。

魔よけの意味が込められた文様

桜花爛漫」とは、桜が咲き誇る様子のことです。「花鳥風月」さんの「桜花爛漫」の表面には木型を使用した麻の葉の文様が施されています。この模様を桜が咲き誇っている様子に見立てているのかな、と思いました。なお、麻の葉の文様には、魔よけの意味が込められており、古くから産着や着物の柄にも使われています。

花鳥風月さんの「桜花爛漫」

外観は?

  • 薄紅色のぼかしの入った練り切り餡の表面に、麻の葉文様
  • ひとひらの桜の花びら
  • 食用の銀箔

中身は?

  • 抹茶餡

味わいひとことメモ

  • やわらかで、すっきりとしている抹茶餡
  • 珈琲に合わせると、抹茶の味がさらに引き立つ
  • 麻の葉模様

季節は?

  • 3月(実際の販売状況は、店頭にてご確認ください)
  • 実際に購入した時期:2020年3月 花鳥風月さんの店頭にて

とても美味しくいただきました。

花鳥風月さんの和菓子を五感で味わってみませんか

和菓子処 花鳥風月さんのこと

  • 創業:令和元年(2019年)7月
  • 梅の実のひとこと紹介:厳選した材料を使用し、丁寧な和菓子作りをしている。和菓子の種類ごとに仕立てた自家製餡がとても美味しい。ご夫婦ともに和菓子職人。店頭を飾るすてきな手描きのPOPもたのしみのひとつ
  • おすすめ銘菓:「豆大福」、猫型もなかの「もにゃか」、どら焼き、餅菓子各種、上生菓子
  • 花鳥風月さんの和菓子を買える場所:花鳥風月さんの店頭のほか、一部の和菓子は京王永山駅または小田急永山駅そばのグリナ―ド永山内、「PONTE」でも購入可能
  • お店の場所(本店):東京都多摩市東寺方1-8-14
  • 最寄り駅(本店):京王線 聖蹟桜ケ丘駅(徒歩5分)
  • ホームページ(Instagram): wagashidokorokachofugetsu@

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : OUKA-RANMAN
  • SHOP : KACHO-FUGETSU, Tokyo japan

毎日が和菓子日和 | 東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月
東京・聖蹟桜ヶ丘 花鳥風月

毎日が和菓子日和!

関連記事