2019-05-16

東京・世田谷 まほろ堂 蒼月さん | 花菖蒲(季節の上生菓子)

毎日が和菓子日和 | まほろ堂 蒼月 | 花菖蒲
東京・世田谷 まほろ堂 蒼月 / 花菖蒲

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、東京都世田谷区宮坂「まほろ堂 蒼月」さんの季節の上生菓子「花菖蒲」を紹介します。

和菓子を食べながら落ち着けるお店

まほろ堂 蒼月さんに伺うと、明るい店内にある小ぶりのショーケースのなかには、まほろ堂 蒼月さん定番の和菓子と、季節の和菓子が並んでいました。カウンターには、和菓子にちなんだ雑貨などもおいてあります。

また、店内にはカフェスペースがあり、購入した和菓子をその場で食べることができます。ほうじ茶や抹茶などのドリンクメニューを 和菓子にあわせて注文できるのもいいなぁ。訪れた日も、小さな子どもとお父さんが和菓子を食べていました。休日に親子で和菓子!とてもすてきだと思います。

まほろ堂 蒼月さん。モダンなお店ではありますが、気取らず、訪れた誰もが落ち着ける雰囲気のお店です。

あっ、カウンターのガラス越しに、職人さんが和菓子をつくっている姿が見える。職人さんの姿を感じられる…というところもいいな、と思いました。

まほろ堂 蒼月さんの「花菖蒲」

外観は?

  • 季節の花「花菖蒲」を模している
  • 薄紫、黄色、白の 練切餡(あん)
  • 葉っぱには透明感がある

中身は?

  • こし餡
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 201905160011_wagashibiyori.jpg です
全体が美味しい

味わいひとことメモ

  • 淡い色合いとやさしい雰囲気のかたち。花菖蒲の咲いている風景が想い浮かぶ。外の練切餡と中のこしあんに一体感があり、味わい深く、全体が美味しい。葉っぱはようかんでできており、餡との味や食感の違いを楽しめるのもいい。

季節は?

  • 春限定
  • 実際の購入時期:2019年5月 まほろ堂 蒼月さん店頭にて

とても美味しくいただきました。

まほろ堂 蒼月さんの和菓子を五感で味わってみませんか

まほろ堂 蒼月 (まほろどう そうげつ)さん

平成27年( 2015年 )創業 東京都世田谷区宮坂に店舗を構えている。最寄り駅は東急世田谷線 宮の坂駅。 オリジナルの定番和菓子、季節の和菓子を販売。青豆大福が看板商品!
世田谷線沿線にはすてきなお店が多いので、お散歩しながら立ち寄るのもおすすめ。
まほろ堂 蒼月さんの和菓子が買える場所:原則として、まほろ堂 蒼月さんの店頭のみ
まほろ堂 蒼月さんのホームページはこちらhttp://www.mahorodou-sougetsu.com/

東京・世田谷 | まほろ堂 蒼月

季節の和菓子のこと

多くの和菓子屋さんでは、季節ごとに和菓子を用意しています。毎年意匠(お菓子のデザイン)や構成(素材や味)を工夫し、新しい和菓子をこしらえていることも多くあります。まさに一期一会

特に、季節の情景などを表現した上生菓子には、写真や絵では伝えることのできない趣があります。

ぜひ、実際に和菓子屋さんに足を運び、その時々の「季節の和菓子」の味わいと季節の移ろいを楽しみましょう。

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム