2020-09-02

東京・両国 越後屋若狭さん | 水羊羹

毎日が和菓子日和 | 越後屋若狭 | 水羊羹
東京・両国 越後屋若狭 / 水羊羹

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

今回は、東京都墨田区の「越後屋若狭」さんの「水羊羹」を紹介します。

憧れの水羊羹

予約制の老舗の和菓子屋さん「越後屋若狭」さんは、関東に(全国に)住む和菓子好きにとって、憧れのお店のひとつです。

私も和菓子の虜になってすぐに「越後屋若狭」さんの名前を知り、上生菓子や「水羊羹」をいつか食べてみたいなぁ・・・と思うようになりました。ようやく、味わうことができたのは2019年(令和元年)の夏。

完全予約制のお店は、なんとなく怖い(敷居が高い)と感じてしまうのですが、お店のかたが、親切に対応してくださるので、何の心配もいりません。

その日につくることができる、必要な数量を丁寧につくり、販売しきる・・・。実は、これからの時代にとても適した、仕組みのようにも思います。

越後屋若狭さん の「水羊羹」

外観は?

  • 長方形の箱に入っている(約150×100ミリ、ハガキサイズくらい)
  • つやつやに光った水羊羹のうえに、桜の葉が1枚載っている

味わいひとことメモ

  • みずみずしい、ぎりぎり固まっているくらいのやわらかさで、雪のように溶ける口当たり
  • すっきりとした甘さ
  • お値段は張りますが、歴史上の著名な人々(夏目漱石、西郷隆盛、伊藤博文・・・)にも愛されてきた「水羊羹」を今の時代に味わえることにも感動
  • 水羊羹」は、丁寧に運ばないと崩れてしまうやわらかさ。前後に用事は入れず、歩きやすい靴で、直行直帰をおすすめします!

季節は?

  • (要予約・5月下旬~9月頃)*実際の販売状況はご確認ください
  • 実際に購入した時期:2019年7月 越後屋若狭さんにて

とても美味しくいただきました。

越後屋若狭さんの和菓子を五感で味わってみませんか

越後屋若狭 さんのこと

  • 創業:元文5年頃(1740年頃)
  • 梅の実のひとこと紹介: 上生菓子の種類は、電話口で教えていただけます
  • おすすめ銘菓:「水羊羹」、季節の上生菓子
  • 越後屋若狭さんの和菓子を買える場所:越後屋若狭さんの店頭(要事前予約)*高島屋さんにて定期、不定期にて特別販売がおこなわれることがあります
  • お店の場所:東京都墨田区千歳1-8-4
  • 最寄り駅:総武線 両国駅(徒歩10分)、都営新宿線 森下駅(徒歩12分)
  • ホームページ:なし

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : MIZU-YOKAN
  • SHOP : ECHIGOYA-WAKASA , Tokyo japan

毎日が和菓子日和!

関連記事