2020-03-14

北海道 五勝手屋本舗さん | 雪だるま最中

毎日が和菓子日和 | 五勝手屋本舗 | 雪だるま最中
毎日が和菓子日和 | 五勝手屋本舗 | 雪だるま最中

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

この記事を書いている3月の或る日。日に日に暖かくなり、東京では本日桜の開花宣言がされました。一方でなごり雪が舞い降りた一日でした。

そこで今回は、北海道桧山郡江差町の「五勝手屋本舗(ごかってやほんぽ)」さんの「雪だるま最中」を紹介します。

老舗のかわいい和菓子

五勝手屋本舗」さんといえば、羊羹で有名な北海道の老舗です。特に赤色の丸い筒形で渋いパッケージの「五勝手屋丸缶羊羹」をご存じのかたも多いのではないでしょうか。

この「雪だるま最中」は、とてもかわいいパッケージ。中身はどんな感じかなぁ…と思っていたら、りりしい雪だるまくんが入っていました。たくさん買って(袋から出した状態で)並べておきたい…そんな想いにかられる和菓子です。

毎日が和菓子日和 | 五勝手屋本舗 | 雪だるま最中・パッケージ
五勝手屋本舗 | 雪だるま最中・パッケージ

五勝手屋本舗さんの「雪だるま最中(大福豆)」

外観は?

  • バケツをかぶった雪だるま形
  • りりしい顔立ち
  • 真っ白

中身は?

  • 大福豆の粒あん(小豆の「雪だるま最中」もありますが、最中種(皮)の色がベージュ(一般的な最中の色)です)

味わいひとことメモ

  • マトリョーシカのように自立するところがとてもかわいい
  • 大福豆の粒あんは金色に輝いて見えた
  • 大福豆は力強い歯ごたえがあり、甘いがすっきりした味わい

季節は?

  • 冬季(具体的な時期未確認。実際の販売状況は、店頭にてご確認ください)
  • 実際に購入した時期:2019年12月 えんなり和菓市にて

とても美味しくいただきました。

五勝手屋本舗さんの和菓子を五感で味わってみませんか

五勝手屋本舗さんのこと

  • 創業:明治3年(1871年)1月
  • 梅の実のひとこと紹介:伝統を引き継ぎ昔と変わらぬ味を提供している。 「五勝手屋本舗」さんの羊羹の特徴は「一日一釜」だそうです(早朝から煮上がった豆と寒天、砂糖を合わせて一日がかりで練りあげる(ホームページからの引用))美味しい羊羹の味は、伝統と手間暇かけた技から出来ているのだと思います。
  • おすすめ銘菓:「流し羊羹」、「丸缶羊羹」など
  • 五勝手屋本舗さんの和菓子を買える場所:本店のほか、一部商品は、道南地域を中心とした道内の取扱店や道外の一部百貨店など。詳細はこちらをご覧ください
  • お店の場所(本店):北海道桧山郡江差町字本町38番地
  • ホームページhttp://www.gokatteya.co.jp/

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : YUKIDARUMA-MONAKA
  • SHOP : GOKATTEYA-HONPO, Hokkaido japan

毎日が和菓子日和!



関連記事