2019-12-05

京都 五建ういろさん | 赤飯まんじゅう

毎日が和菓子日和 | 京都・五建ういろ | 赤飯まんじゅう
京都・五建ういろ / 赤飯まんじゅう

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、京都「五建ういろ(ごけんういろ)」さんの「赤飯まんじゅう」を紹介します。

甘さと塩気の絶妙なバランス

最近、初めて味わい、気に入った「赤飯まんじゅう」。そのときは、おまんじゅうを赤飯で包むタイプでしたが、「五建ういろ」さんの「赤飯まんじゅう」は、赤飯をおまんじゅうで包むタイプ。

赤飯まんじゅう」は、埼玉北部の「いがまんじゅう」が有名ですが、長野県や神奈川県など、全国各地につくっているお店が点在しています。これからは、いろいろな地域の「赤飯まんじゅう」を味わってみたいです。

五建ういろさんの「赤飯まんじゅう」

外観は?

  • 白いおまんじゅうの上に、栗(甘露煮)が乗っている
  • 幅約6.5センチ、高さ約4センチ

中身は?

  • 赤飯
毎日が和菓子日和 | 京都・五建ういろ | 赤飯まんじゅう(断面イメージ)
京都・五建ういろ / 赤飯まんじゅう(断面イメージ)

味わいひとことメモ

  • ほんのり甘い、もちもちした、まんじゅうの皮
  • 少し塩気のあるお赤飯
  • まんじゅうの甘さと、お赤飯の塩気のバランスがちょうどよい
  • ささげではなく、小豆をつかっている

季節は?

  • 定番
  • 実際に購入した時期:10月 五建ういろさん(京都伊勢丹の販売店)にて

*手作りの和菓子のため、その時々の販売有無は、お店にてご確認ください

とても美味しくいただきました。

五建ういろさんの和菓子を五感で味わってみませんか?

五建ういろさん

安政2年(1855年)創業。建仁寺、六波羅密寺、清水寺などの門前に茶店を構えたのが始まり。当時と同じ配合で和菓子を作り続けている。本店、哲学の道店のほか、京都市内を中心に販売店がある。
五建ういろさんの和菓子が買える場所:「五建ういろ 」さんの各店舗や販売店のなど
最寄駅:清水五条(本店)
五建ういろさんのホームページhttp://www.gokenuiro.jp/


Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.
This “WAGASHI” name is “SEKIHAN-MANJU
. This “WAGASHI” was made by the “WAGASHI” shop “GOKEN-UIRO” in Kyoto Japan.

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム