2019-12-04

京都 嘯月さん | 薫(季節の和菓子)

毎日が和菓子日和 | 京都・嘯月 | 薫
京都・嘯月 | 薫

こんにちは。和菓子ライフナビゲーターの梅の実です。

今回は、京都「嘯月(しょうげつ)」さんの季節の和菓子「薫(かおり)」を紹介します。

艶やかな薫りを感じる

この日に予約して買い求めたのは、こなし製の「」ときんとん製の「交錦(まぜにしき)」。

どちらも淡いピンク色の菊の意匠なのだが、全く違う表現なのが愉しい。

嘯月さんの 「薫」

外観は?

  • 菊の花の意匠
  • こなし製

中身は?

  • こしあん

味わいひとことメモ

  • 艶やかな雰囲気
  • 菓銘のとおり、見た目から薫りを感じる
  • すっきりとした甘さのこしあん
  • こなしはあまり甘くなく、餡の美味しさを引き立てている

季節は?

  • (要予約)
  • 実際に購入した時期:2019年10月下旬 嘯月さんにて

*手作りの和菓子のため、その時々の販売有無は、お店にてご確認ください

とても美味しくいただきました。

嘯月さんの和菓子を五感で味わってみませんか?

嘯月さん

大正5年(1916年)創業。 虎屋で修行した店主が独立し、創業した店。店名は「月に嘯く虎」から名付けられた。「いちばんおいしい状態で食べていただきたい」という想いから、作り置きをしない方針で、お客様が取りに来る時間に合わせ、和菓子をつくっている。  
嘯月さんの和菓子が買える場所:原則として「嘯月」さんの本店のみ
最寄駅:北大路 
嘯月さんのホームページ:-

毎日が和菓子日和 | 京都・嘯月
京都・嘯月

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.
This “WAGASHI” name is “KAORI
. This “WAGASHI” was made by the “WAGASHI” shop “SHOUGETSU” in Kyoto Japan.

毎日が和菓子日和!

関連記事
毎日が和菓子日和のこと
魅力を知る、もっと愉しむ
毎日が和菓子日和 | 和菓子の魅力を知る・もっと愉しむ | 和菓子イラストコラム