2020-08-12

東京・仙川 光輪堂さん | 草だんご・ごま大福

毎日が和菓子日和 | 光輪堂 | 草だんご ごま大福
東京・仙川 光輪堂 | 草だんご・ごま大福

こんにちは。「毎日が和菓子日和」の和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

今回は、東京・仙川「光輪堂(こうりんどう)」さんの「草だんご」と「ごま大福」を紹介します。

ぷるぷる、のびーーるお餅

京王線仙川駅を降りたら、南方向にまっすぐ歩き、交通量が多い都道を左折し、しばらくすると「光輪堂」さんを見つけることができます。

ある日、「光輪堂」さんに伺いました。年配の女性が接客しており、ショーケースには、代表銘菓「コーリン」のほか、お団子や大福、季節の上生菓子も並んでいます。

どれも美味しそう。「どれにしようかなぁ…」と迷っていると、『「草だんご」できたてでーす!』とお店の奥から、美味しそうなお団子が運ばれてきました。

とてもラッキー!!


光輪堂さんの「草だんご 」

外観は?

  • 2段の串だんご(画像左下)
  • こし餡をまとっている

味わいひとことメモ

  • ぷるぷるして、やわらかくて、とてものびる草だんご(緑色)
  • ヨモギがふわっと香る
  • すっきりとした、こしあん

季節は?

  • 定番
  • 実際に購入した時期:2020年6月 店頭にて

光輪堂さんの「ごま大福 」

外観は?

  • 少し灰色がかった餅に、ごまが練りこまれている(画像右上)

味わいひとことメモ

  • 大福のお餅もやわらかい
  • 胡麻が香り、味わいが力強い、胡麻あん

季節は?

  • 定番
  • 実際に購入した時期:2020年6月 店頭にて

とても美味しくいただきました。

光輪堂さんの和菓子を五感で味わってみませんか

御菓子處 光輪堂 さんのこと

  • 創業: 創業50年以上(2020年時点)
  • 梅の実のひとこと紹介:良い素材を使うことを大切にしている「光輪堂」さん。明治神宮献上菓子「松波」をつくるお店です。この話を聞くと、敷居の高さを感じてしまうかもしれませんが、おやつに頂きたいお団子から、茶席菓子まで幅広くつくっているので、気軽に立ち寄ることができます。お店の名前である「コーリン」は、カステラ生地で杏またはチーズを挟んだ美味しい御菓子です。
  • おすすめ銘菓コーリン、松波、草だんご など
  • 光輪堂さんの和菓子を買える場所:本店のみ
  • お店の場所(本店):東京都 調布市若葉町2-14-5
  • 最寄駅(本店):京王線仙川駅 徒歩7分
  • ホームページ:なし
毎日が和菓子日和 | 光輪堂 | 草だんご ごま大福
光輪堂

Please look at this page picture of Japanese sweets, “WAGASHI”.

  • WAGASHI NAME : KUSA-DANGO / GOMA-DAIFUKU
  • SHOP : KORINDO, Tokyo japan

毎日が和菓子日和!

関連記事