2020-03-03

歳時記の和菓子 | ひなまつり

毎日が和菓子日和 | ひなまつりの和菓子
毎日が和菓子日和 | ひなまつりの和菓子

こんにちは。「毎日が和菓子日和」和菓子ライフナビゲーター、デザイナーの梅の実です。

ひなまつりも和菓子を愉しもう!

3月3日は桃の節句、ひなまつり。

ひなまつりといえば、どんな御菓子を思い浮かべますか?

ひなまつりが近くなると、和菓子屋さんの店頭では「ひなまつり」に由来する和菓子や、春を感じる和菓子を見かけることが多くなります。


“「ひなあられ」が大好き!”

“春だから、「さくら餅」と「うぐいす餅」を食べたい”

“男雛と女雛の「上生菓子」を買う”

”地域に伝わるお菓子がある!”

“菱形のケーキ?!”


ご家庭や、地域により、さまざまな御菓子を召し上がることでしょう。

今日は、「ひなまつり」に由来する和菓子を紹介します。

このページのイラストは、6店の和菓子屋さんがつくった御菓子を、実際に味わい描いたものです。

どうぞご覧ください。

「ひなまつりに由来する和菓子」

  • 菱餅:ひな人形に添えられる、菱形のお餅、行事食です。多くは桃色、白色、緑色の3色ですが、地域によって異なります。もともとの素材は、お餅ですが、最近では上生菓子(練切やこなし)、羊羹などでつくられることが増えています。
  • 桃を模した御菓子:中国神話の西王母がつかさどる不老長寿のシンボルとして。
  • 貝を模した御菓子:3月3日におこなう行事で、貝を食べるようになったことから。また、貝を入れる貝桶が婚礼道具として使われていた。
  • 草もち:香りが魔よけになるとも言われています。
  • 引千切:ひちぎり、ひっちぎりと読みます。関西圏に比べると、関東ではあまり見かけません。形の由来は“餅を丸める手間を惜しんで千切ったから…”、“貝の形”、“流し雛”、色々な謂れがあります。

その他、地域により、様々なひなまつりの和菓子がつくられていますね。お住いの地域に、ひなまつりにしか見かけない、珍しい和菓子があったら教えてください。いつか味わってみたいです。

和菓子屋さんご紹介

毎日が和菓子日和 | ひなまつりの和菓子
毎日が和菓子日和 | ひなまつりの和菓子

上のイラストの和菓子のお店をご紹介(各和菓子の記事が完成しましたら、随時リンクを貼ります)

  • (上段左)愛知・名古屋「 川口屋 」さんの「引千切」:蓬のこなしの上にふわふわなきんとん…。そして、中には…!。お店では、流し雛を模していると説明を受けました。
  • (上段右)東京「和菓子司 一炉庵」さんの「薯蕷饅頭(桃形)」:薯蕷の力強い味わいを感じます。さりげない彩色もすてきです。
  • (中段左)東京「和菓子司 一炉庵」さんの「菱餅」: しっかりとした歯ごたえのある羊羹製です。光に透ける透明感がすてきです。
  • (中段右)東京「和菓子処 花鳥風月」さんの「引千切 」: もちもちとした爽やかな香りの草もちの中に美味しい餡が!
  • (下段左)「とらや」さんの「蛤形」:薯蕷饅頭。ふんわりとした香りと味わい。
  • (下段右)東京「まほろ堂 蒼月」さんの「草もち」:もちもちとした食感と、蓬の香りが広がる

たくさん食べられないけれど、「ひなまつり」の雰囲気を感じたいときには、お雛様を模った干菓子などもおすすです。

ひなまつり」にも和菓子を愉しみましょう!

毎日が和菓子日和!

関連記事